こんにちは♡
今日のブログ担当は馬渕です♡
小学生の皆さん!
夏休みの宿題は順調に進んでいますか?
読書感想文のための本は決まりましたか?
夏休みの宿題の中でも苦労しがちな読書感想文・・・
今回はおうちの方のサポート仕方をご紹介します♡
読書感想文を書く目的は
本を読んで自分の感じたこと・考えたことを
論理的な文章にまとめる力を養うためです。
自分の頭の中にある意見や知識を書いて表現する力は
社会に出てからも様々な場面で求められます。
読書感想文はその礎を育ててくれます!
また、言葉から気持ちを想像したり、真意を理解する力は
人とコミュニケーションをとる上でも
欠かせない力です。
いきなり上手に書かせようと思ってもなかなかそうはいきません。
日頃から本を読んだ後は
短文でも感想を書く習慣を付けると徐々に書く力がつきます!
低学年のうちは読み聞かせをして
親子で感想を言い合うと良いでしょう♡
『お母さんだったら○○するよ!△△ちゃんは?』などというようにすると
お子様は自然に感想を言葉にすることができます♡
感想文を書く際、重要なことは本選びです!
お子様が興味を持ち、自分で選んだ本が良いでしょう♡
読み始めたものの、退屈で読み進められないようであれば
違うものを選びなおしましょう♡
お子様が自分で一生懸命選んだ本を否定しないようにしてあげましょう♡
七田式では作文を書くとき『ダヴィンチ・マップ』という方法で書くことを
お勧めしています!
一つのテーマから連想する言葉を放射状に書き出し
イメージを広げる方法です。
自由な発想を可能にし、
頭の中を『見える化』することで豊かな文章を書くことができます♡
①書き出し
 なぜこの本を選んだのか
②内容・あらすじ
 どんな人が出てくるのか
 どんなお話なのか
③感想・ポイントとなる部分
 心が動いたところは?
 印象に残った言葉は?
④まとめ
 もし自分が主人公だったら?
 読む前と読んだ後でどう気持ちが変わったのか?
この流れで書いてみましょう♡
誰に向けて書くのかを意識するとより書きやすくなります!
自分が読んだ本を紹介する気持ちで書いてみましょう♡