不登校ゼロを目指した大阪市立南住吉大空小学校を長期に渡り追い続け、第68回文化庁芸術祭大賞を受賞したドキュメンタリー映画の上映会です。

初代校長「木村泰子先生」が目指したものは・・・

木村泰子先生が、新設校の校長として赴任をした大空小学校。「いい学校にしたい!」と張り切っていました。

中には元気いっぱいな子どももいます。不登校の子どももいます。発達障がいなど特別支援教育の対象となる子どももいます。

その子達を前に、木村先生の中で葛藤が繰り返されていきます。

そんな中、大空小学校唯一の校則ができました。「自分がされていやなことは人にしない」

障害のある子もない子もすべての子どもが、同じ教室で学び、不登校児はゼロ。「奇跡の学校」ができあがりました。

学校が変わる、地域が変わる、そして社会が変わっていく

そんな映画を見て、もう一度皆さんで学校とは?地域とは?社会とは?考えてみませんか?

 

イベント情報

🎥 開催日  : 2016年08月20日(土)

🎥 上映時間 : ①10:00~11:46 ②13:30~15:16 ③19:00~20:46 

🎥 料  金 : 全席自由一般900円、18才以下450円

🎥 上映会場 : 可児市文化創造センターala 映像シアター

🎥 映画鑑賞後、感動のシェアや情報交換をする交流会あり

 

※ イベントの詳細・お問合せは「続きを読む」からご確認下さい。

 

「みんなの学校」映画上映会 エンリッチプロジェクト

 

画像をクリックすると拡大できます。