《企画展》

明治150年展 (所蔵品特別展)

■会期   2018.5.18 (金) – 7.8 (日)

■開館時間 10:00-18:00 (入場は17:30まで)

      夜間開館日: 6.15 (金) 20:00まで (入館は19:30まで)

■休館日  5.21 (月), 5.28 (月), 6.4 (月), 6.11 (月), 6.18 (月)~6.22 (金), 6.25 (月), 7.2 (月)

■入場料  一般 330円 (20名以上の団体は270円)  大学生   220円 (20名以上の団体は160円)

                       高校生以下は無料

明治からの作品約100点がパノラマ展示されており、たっぷり鑑賞できます。

おなじみのルドンや山本芳翠だけでなく、洋画はゴーギャン、ムンク、ルオー、ルノワールなど、日本画は熊谷守一、岸田劉生など、教科書などでお目にかかる機会があった絵画が惜しげもなく展示されており、鑑賞し終わる頃には満足感でいっぱいになります。美術館通いのきっかけになるかもしれませんね。

《ケンビの庭》

緑がすっかり生い茂り、目に心地よい風景です。小鳥のさえずりは耳を楽しませてくれます。何種類かの小鳥がいるようで、様々なさえずりを披露してくれています。ここは街の中の別世界ですね。

[改修工事による休館のお知らせ]

2018.11.4 (日)~2019.11.2 (土)の期間、リノベーション期間として岐阜県美術館は休館となります。